呼吸

腹式呼吸ができない人はいない?

こんにちはshougoです。

最近、腹式についてよく聞かれるので
まとめてみました。

腹式呼吸とは?

腹式呼吸は意外と簡単

腹式呼吸と声量

腹式呼吸とは?

腹式呼吸というと、「腹式」と書いてあるので
息がお腹に入っていると思っている方も多いんじゃないでしょうか
私も昔はそうだと信じていました(笑)
ただ、残念ながらそれは間違いです、、。

息は口と鼻から入り肋骨の中にある肺に入ります
息を吸った時に胸が広がりますよね?
え!?でもお腹も膨らみますよ!!
という方もいると思います。

ではなぜお腹が膨らむんでしょう?
その秘密は肺の下にある横隔膜にあります。
肺の下、肋骨の一番下の部分にドーム状の膜がついています
これが横隔膜と呼ばれるものなんですが
肺は息を吸うと上下左右に大きく広がていき
特に下方向(お腹)に広がり
その時にこの横隔膜も下に広がります。
そしてこの横隔膜が下に広がるとどうなるか?

横隔膜の下には胃や腸などの内臓があるので、、
そう、感が良い方は気付いたかもしれませんが
横隔膜によって胃や腸が前に押し出されているです。
これによりお腹が膨らんできます。

このように息が入ってお腹が膨らんでいるわけではなく
横隔膜によってお腹が膨らんでいるんです。
腹式呼吸ではなく横隔膜呼吸の方がわかりやすいかもしれませんね(笑)

腹式呼吸は意外と簡単

人生で腹式呼吸をしたことがない、という方はほとんど
いないのではないでしょうか?
音楽の授業や習い事など、どこかで一度はやっていますよね?
私のレッスンに来て下さるボイトレ初心者の方でも
9割の方は腹式だけは知っています。

ただ、ボイトレ相談や生徒さんのお悩みに
腹式呼吸が上手くできなくて、、、
という方がかなり多くいらしゃいます。

でもいざ練習をやってみると
ほとんどの方が腹式ができています。
「腹式できてるじゃないですか!!」
というとびっくりされます(笑)

なぜほとんどの方が腹式ができるのかというと
実は無意識で毎日腹式呼吸をしているんです。
え!?いやいや、腹式なんて意識してもしたことないですよ!!
という言葉が返ってきそうですが(笑)
はい、先ほども言いましたが無意識です。

誰もが意識がなくなる時、、、
はい、わかりましたか??(笑)
そうです、寝ている時ですね。
実は寝ている時に人間は腹式呼吸になっているんです。
友達や家族が寝ている時のお腹を見てください。
ゆっくり動いているのがわかると思います。

このように腹式は誰でもできる、、
人間であれば誰でもできている呼吸なんです。

腹式呼吸と声量

喋り声が小さい方、声が弱々しい方
女性の生徒さんのお悩みで多いのですが
腹式ができなくて、肺活量がなくて声量が出せません、、、。

もちろん息の量(肺活量)は大きな声を出すためには
必要な要素の一つではありますが
声量を上げるのに最も大切なのは
声帯のバランスと共鳴です。

これを正しく行えれば
少ない息の量でもパワーのある声は出せます。
現に私も肺活量は標準以下ですし
そんなに息は使っていません。

なので声量がない、声が大きく出せないという方は
腹式呼吸が原因ではなく、声帯のバランスや共鳴が上手くできていない
可能性が高いと思います。

といことで今回は腹式について書いていきましたが
今は情報が多く、間違った情報なども増えてますので
なるべく惑わされないように気をつけながら情報取捨をしてくださいね。