ミックスボイス(ミドルボイス)とは?(間違った知識から卒業)』

歌が上手くなりたい!!と思っている方でしたら
必ず耳にしたことがある「ミックスボイス」
皆さんはこのミックスボイスを正しく理解できていますか?
僕の経験では残念ながら9割の方が間違った理解をしている方が多いです
「ミックスボイスという特殊な発声法がある」
「裏声と地声を混ぜたもの?」「ミックスなんてない!!」
などなどです、、、。
ミックスボイスという言葉がもしかすると誤解を生んでしまっている可能性も
あると思いますが、、。
地声と裏声を混ぜるとミックスボイス(スーパーボイス)の出来上がり!!ではなく(笑)
喉にある二つの大切な筋肉
地声筋と裏声筋という筋肉があります
この二つの筋肉を均等にバランス良く使えている声が
ミックスボイスになります。
つまりこの筋肉バランスが崩れると張り上げ声、喉絞め、かすれ声になってしまいます
簡単に言ってしまえば楽に安定した高音が出せる発声法がミックスボイスなんです!!(笑)
なのでその二つの筋力を正しく鍛えていけば誰でもミックスボイスを出すことができます!!

『本当のミックスボイスの出し方』

(1)呼吸法

よく複式をしましょうとか、息を多めに吐きましょうと
指導している方がいますがこれは大きな間違いです
息をできるだけ抑えて出すことが大切です。
手のひらを口の前に置き
手に優しく息を吹きかけてください。
このぐらい軽く息を使っていくこが重要です

(2)声帯閉鎖

適度に声帯閉鎖ををすることが大切です
ただこれも、声帯閉鎖を間違って理解をしてしまい
喉を締めている方も多いです
声帯閉鎖の練習法ですが
『エッジボイス』という練習法があります
『は〜』と息を吐き『はっ!!』と息を止めてください
そこからドアが軋むような音
『あ”あ”あ”あ”』という音を出してきます
これも本当に小さくで優しく出してください
これでバランスの良い声帯閉鎖ができるようになります。

(共鳴)
共鳴ですがこれも
『鼻腔共鳴』をやってください。
といている方もいますが
鼻腔共鳴は一番最後の共鳴調整です
一番はじめにやらなければいけないのは
咽頭腔の共鳴を確保することです
少し上を向いて
顎を軽く落とします
その状態で発声をします
このポカ〜〜とヨダレが垂れるくらい
力を抜くことで
喉が開くことができます
咽頭の空間が正しくできれば
自然と鼻腔共鳴をでk流ようになります

(裏声)
裏声の練習はミックスボイスには
必要不可欠になります
裏声を出すことで
声帯の柔軟性が上がりミックスが出しやすくなります
よく『ヘッドボイス』の練習からやる方が多いですが
これも見違いです
まず必要なのはオペラのような
響のある裏声です。
共鳴をしっかりと確保しながら
裏声を出すことで裏声筋を効率よく
鍛えることができます

『ミックスボイスを使っているアーティスト』

 

・official髭男dism

・Mrs.GREEN APPEL

・ALEXANDROS

・ONE OK ROCK

・玉置浩二

・久保田利伸

・宇多田ヒカル

・superfly